後払いアプリおすすめ8選!審査なしですぐ使える最新のスマホ決済アプリ

後払いアプリおすすめ8選
スポンサーリンク
こんな人におすすめ
  • 2022年最新の後払いアプリの特徴や仕様を詳しく知りたい
  • 審査なしでブラックでも使える後払いアプリを探している
  • 現金が必要なので即日現金化したい
  • おすすめや人気の後払いアプリを知りたい
  • iPhoneやAndroidスマホで使える後払いアプリを探している
  • 後払いアプリを利用するメリットや注意点を知りたい

以上の様なお悩みや、お困りごとを解決するための後払いアプリに関する解説と、すぐ使える後払いアプリおすすめ8選を紹介します。

スポンサーリンク

スマホ決済アプリ(後払いアプリ)とは

後払い決済アプリ

ネット通販や実店舗で利用できるスマホ決済アプリは、バーチャルカードや電子マネーを使用してキャッシュレスで支払いができる決済サービスです。

スマホ決済アプリは、審査なしで手軽に利用を始めることができます。

現金を持たなくても買い物ができたり、利用額の管理が簡単にできるメリットがあります。

利用額の清算方法は、事前チャージを行う「前払い(プリペイド)」、後で清算する「後払い(ポストペイ)」、銀行口座から即時に引き落とされる「即時払い(リアルタイムペイメント)」の三種類に分けられます。

多くのスマホ決済アプリは、前払い(プリペイド)型ですが、後払い(ポストペイ)機能を備えたサービスも近年増加しています。

後払い(ポストペイ)型のスマホ決済アプリは、お金がない状態でも簡単に買い物ができる点が最大の特徴です。

Buy Now Pay Later (今買って後で払う)を略してBNPLとも呼ばれ、クレジットカードより手軽に使える後払い方法として人気です。

このページでは、後払い(ポストペイ)型のスマホ決済アプリを解説しています。

スポンサーリンク

後払い決済アプリを利用するメリット

  • お金が無くても買い物や支払いができる
  • オンラインショップでも実店舗でも使える
  • クレジットカードやカードローンより後払い機能の審査が柔軟
  • スマートフォンがあればすぐ使える
  • 利用額の管理が容易にできる

スマホさえ持っていれば利用できる後払いアプリは、簡単な手続きだけで様々な店舗で買い物ができます。

手元にお金が無くても、気軽に支払いができるメリットがあります。

キャッシュレス決済の普及も進んでいるので、決済アプリの一つとして便利に実店舗やオンラインショップで使うことが可能です。

その他のメリットとしては、後払い機能の審査が柔軟な点があります。

カードローンやクレジットカードの審査と違い、信用情報を照会しない独自審査が行われるので、審査が不安な方におすすめです。

類似した機能を持つ、クレジットカードの審査に通らない方にも後払いアプリはおすすめです。

後払い決済アプリを利用するデメリットと注意点

  • 後払い機能は手数料がかかる場合がある
  • オンラインショップの決済のみに限定されるサービスもある
  • 利用実績が無いと後払いの利用上限額は低く設定される
  • 原則、後払い利用額の支払い期限が決まっている
  • 年齢制限のあるサービスもある

後払いアプリには、デメリットや注意点もあります。

事前チャージでの決済は手数料無料で行うことができますが、多くのアプリでは後払い機能を利用した場合に手数料がかかります。

手数料は各アプリの解説に掲載しているので、確認しておくことをおすすめします。

また、オンラインショップでしか決済できないなど、各アプリによって使える店舗に違いがある点にも注意しましょう。

実店舗で決済する場合はリアルカードを発行する必要があったり、各社により違いがあるので確認しておきましょう。

スポンサーリンク

すぐ使える後払いアプリおすすめ8選

すぐ使える後払いアプリおすすめ8選を紹介します。

Paidy(ペイディ)

Paidy(ペイディ)
おすすめの理由
  • メールアドレスと携帯番号だけで後払いできる
  • ペイディプラスに無料アップグレードで分割手数料無料の3回あと払いが利用可能
  • AmazonやSHOPLIST(ショップリスト)など70万店舗以上に対応
  • 口座振替で利用額を支払えば手数料無料で後払いが可能
  • ペイディカードを利用すればVisaオンライン加盟店で利用できる

Paidy(ペイディ)の特徴

あと払い(ペイディ)は文字通り、後払いで商品を購入できるのが特徴で、メアドと携帯番号があればすぐに利用を始められます。

ペイディはショップで支払い方法から選択、メアドと携帯番号を入力して、SMSで送信される4桁の認証コードを入力すればお買い物の完了です。

1ヶ月間に何回お買い物をしても支払いは翌月まとめてOKですし、翌月1日から3日の間にメールとSMSで請求金額のお知らせがあるので安心です。

ペイディの支払い方法にはコンビニ払いや口座振替、銀行振込などがあるので、あと払い(ペイディ)したい方法を選んで後払いを行う形です。

支払期限は翌月10日までなので、余裕を持って清算ができます。

あと払い(ペイディ)は安全安心の取り組みに積極的で、セキュリティ対策の強化を行っているので信頼できます。

ペイディはアプリで簡単に使え、請求に対する支払いも魅力的な商品の発見も利用額の管理もこれ1つで済みます。

運営は日本の会社でPayPalの傘下ですから、信頼性が高く安心して使えます。

大手のネット通販も支払いに対応していますし、使えるお店が続々と登場しているので、今後の普及と拡大に期待が持てます。

ペイディプラスなら手数料無料で3回まで分割できるので、もっとネットショッピングが楽しくなります。

Paidy(ペイディ)の仕様

決済手段オンラインショップ向け決済
清算方法後払い(ポストペイ)
審査あり
後払い機能の名称あと払いペイディ
後払い決済の年齢制限18歳以上(高校生を除く)
後払い決済の利用上限金額利用状況に応じる
後払い決済の手数料口座振替での清算:無料、コンビニでの清算:356円、銀行振込での清算:金融機関や支払い金額により異なる
後払い利用額の支払い期限コンビニ/銀行振込:利用月の翌月10日まで、口座振替:12日に自動引き落し
公式サイトhttps://paidy.com/

メルペイ

メルペイ
おすすめの理由
  • フリマサービス「メルカリ」の売上金がメルペイで使える
  • メルペイ残高、自動引き落としで清算すると後払い機能「メルペイスマート払い」の手数料が無料
  • 「メルペイスマート払い」ならチャージ不要で翌月にまとめて清算できる
  • iD決済とメルペイコード決済に対応しているので数多くの実店舗で利用可能
  • メルペイに対応したネットショップで使える

メルペイの特徴

キャッシュレスで支払いができるメルペイは、既に国内に多くのユーザーがいます。

基本となる使い方は事前に「銀行口座」か「コンビニのセブン銀行ATM」からお金をチャージして使う前払い(プリペイド)の方式となります。

その他に、後払いで支払う方法もサービスに付帯しています。

「メルペイスマート払い」という名称でサービスを展開していますが、ユーザーにとっては非常に役に立つ魅力的な決済方法です。

買い物の際にメルペイを使っていくつもの商品を購入しても、メルペイスマート払いに登録をしておくと、翌月の1日から末日までの支払いでOKとなります。

一般的な決済では会社側が指定をした支払日、例えば20日払いや25日払いなど指定されていることが多いのですが、メルペイスマート払いでは支払日を利用者が自ら指定することが可能です。

例えば給料日が30日という方の事例では、30日に指定をすることで金欠の状態であっても、問題なく支払いを済ませることができます。

翌月の月末までは、いつでも利用者の良いタイミングで決済することができる便利さは十分にあり、利息が発生しないこともメリットです。

メルペイの仕様

決済手段QRコード決済
清算方法前払い(プリペイド)、後払い(ポストペイ)
審査なし
後払い機能の名称メルペイスマート払い
後払い決済の年齢制限18歳以上
後払い決済の利用上限金額利用状況に応じる
後払い決済の手数料自動引落し/メルペイ残高での清算:手数料無料、コンビニ/ATMでの清算:200円〜880円
後払い利用額の支払い期限利用月の翌月末日まで
公式サイトhttps://www.merpay.com/
スポンサーリンク

ultra pay(ウルトラペイ)

ultra pay(ウルトラペイ)
おすすめの理由
  • 審査なしでVisaプリペイドカードを誰でもすぐに発行可能
  • 後払い機能「こんど払い」は年齢制限なしなので、未成年でも利用できる
  • 実店舗でもオンライン決済でも利用できるリアルカードも利用可能
  • カードを失くしてもアプリから利用の一時停止・再開ができるので安心
  • コンビニや銀行ATMなどチャージ手段が豊富に用意されている

ultra pay(ウルトラペイ)の特徴

スマホアプリのultra pay(ウルトラペイ)は、審査なしで誰でも作ることが出来るVisaマーク付きのプリペイドカードサービスです。

専用のアプリをダウンロードし登録するだけで使うことが出来るオンライン専用のバーチャルカードと、街中でも使うことができるリアルカードのどちらも選ぶことが可能です。

そんなウルトラペイのチャージ方法にはセブン銀行ATMやコンビニエンスストア、ペイジーやウルトラペイカード用ギフトコードの他に「こんど払い」があります。

こんど払いとは、後払いチャージのことで携帯電話番号とメールアドレスがあれば利用できるので基本的に誰でも申し込みOKとなります。

この方法であれば、手元にお金がなくてもこんど払いでチャージをすることで買い物や支払いが行えるので非常に便利です。

こんど払いの上限金額は決まっていませんが、利用状況や利用するサービスなどによって利用可能額は変動します。

利用実績がゼロの状態でチャージをすると2,000円からとなります。

チャージには手数料が発生し、2,000円チャージで100円、4,000円チャージで200円がかかります。

こんど払い利用分の支払いは末締めの翌月未払いで、コンビニエンスストアで行います。

前倒しで支払いはできないので利用実績を増やすには少し時間がかかるので、コツコツ利用してくことをおすすめします。

ultra pay(ウルトラペイ)の仕様

決済手段バーチャルカード
清算方法前払い(プリペイド)、後払い(ポストペイ)
審査なし
後払い機能の名称こんど払い
後払い決済の年齢制限なし
後払い決済の利用上限金額利用状況に応じる
後払い決済の手数料チャージ手数料:チャージ申請金額に応じる、システム手数料:1ヵ月の利用額の合計が5万円未満の場合は330円、1ヵ月の利用額の合計が5万円以上の場合は660円
後払い利用額の支払い期限利用月の翌月1日頃まで
公式サイトhttps://ultra-pay.co.jp/

Kyash(キャッシュ)

Kyash(キャッシュ)
おすすめの理由
  • リアルカードの「Kyash Card」を利用すれば決済金額の最大1%が還元される
  • 後払い機能「イマすぐ入金」は年齢制限なしなので、未成年でも利用できる
  • リアルタイムで残高や明細を確認できるのでお金の管理が簡単にできる
  • バーチャルカードですぐにネットショッピングが可能
  • Apple PayまたはGoogle Payに設定すれば実店舗でのスマホ決済が可能

Kyash(キャッシュ)の特徴

Kyash(キャッシュ)は、株式会社Kyashが提供しているバーチャルカードを利用したスマホ決済アプリです。

アプリ上でプリペイド式のKyashカードを発行した上で、クレジットカードなどから上限額の範囲内でチャージして使用します。

また、Kyashカードとアプリは連動しているため、リアルタイムで残高や明細を確認できるとともに、決済限度額の設定もアプリ上で行えるという特徴があります。

Kyashカードで決済すると利用額に応じたポイントが還元されるという特徴もあり、クレジットカードでチャージすることでポイントの二重取りも可能です。

さらに、「イマすぐ入金」という機能が利用できるのもキャッシュの特徴です。

この機能はいわゆる後払いサービスのことで、翌月末までにチャージ料金と手数料を支払うことを条件に、3,000~50,000円をチャージすることができます。

利用するには審査に通過する必要がありますが、面倒な書類の提出を行う必要はなくスマホで完結しますし、チャージ金額を選択すると手数料がそのまま表示されるので、誰でも簡単に安心して利用することが可能となっています。

どうしても買いたい物がある時など手軽に使うことができます。

Kyash(キャッシュ)の仕様

決済手段バーチャルカード
清算方法前払い(プリペイド)、後払い(ポストペイ)
審査なし
後払い機能の名称イマすぐ入金
後払い決済の年齢制限なし
後払い決済の利用上限金額利用状況に応じる
後払い決済の手数料入金額に応じて500円〜1,800円
後払い利用額の支払い期限利用月の翌月末日まで
公式サイトhttps://www.kyash.co/

バンドルカード(VANDLE CARD)

バンドルカード(VANDLE CARD)
おすすめの理由
  • 1分でネット決済専用のバーチャルカードを作ることができる
  • 審査・年齢制限なしなので誰でもVisaプリペイドカードを利用できる
  • 後払い機能「ポチっとチャージ」は年齢制限なしなので、未成年でも利用できる
  • 事前チャージの手段が豊富でドコモ払いやビットコインにも対応
  • リアルカードを発行すれば街のお店でも利用可能

バンドルカード(VANDLE CARD)の特徴

バンドルカードは、誰もが簡単に作ることができるプリペイド型のVISAカードです。

バンドルカードにはいろいろなメリットがありますが、その中でも「ポチっとチャージ」が最大の魅力といっても過言ではありません。

チャージの方法にはコンビニ払いや携帯電話を使った決済、ペイジーなどの方法があるのですが、数ある決済方法の中でもポチっとチャージは、後払いでチャージができる魅力を持ちます。

使い方はとても簡単で、スマートフォンにアプリをインストールし、生年月日や性別・電話番号などを入力すれば直ぐに後払い決済を使った買い物ができる仕組みとなっています。

バンドルカードは、VISAブランドのカードになりますので一般的なクレジットカードと同等の感覚で使うことが可能です。

そのため、ネット通販での決済はもちろん、リアルカードの発行により飲食店やコンビニなどでの決済に使うことができます。

なお、クレジットカードなどの場合は審査があるので作ることができない人も出て来ますが、バンドルカードは審査なしで発行できるのも人気を集めている理由の一つといえます。

バンドルカード(VANDLE CARD)の仕様

決済手段バーチャルカード
清算方法前払い(プリペイド)、後払い(ポストペイ)
審査なし
後払い機能の名称ポチっとチャージ
後払い決済の年齢制限なし
後払い決済の利用上限金額利用状況に応じる
後払い決済の手数料入金額に応じて510円〜1,830円
後払い利用額の支払い期限利用月の翌月末日まで
公式サイトhttps://vandle.jp/
スポンサーリンク

みんなの銀行

みんなの銀行
おすすめの理由
  • 振込やATM入出金など銀行の様々なサービスが利用できる
  • 後払いサービス「カバー」を利用すれば最大5万円まで自動で立替えてくれる
  • 「カバー」利用額の支払い期限がない
  • デビットカードを利用して実店舗とネットショップで買い物ができる
  • デビットカードの支払いに応じて0.2%〜1%キャッシュバックされる

みんなの銀行の特徴

みんなの銀行のカバーとは、口座残高の不足分を付与するという後払いサービスで、大きく分けて4つの特徴があります。

1つ目はいざという時に助けてくれることです。

カバーは、みんなの銀行の月額600円のプレミアムサービスの追加オプションであり、プレミアムサービスに登録すると無料で使うことが出来ます。

みんなの銀行アプリを通して事前に契約しておくと、急な出費や支払いでも自動で対応可能になります。

カバーを使うための条件として挙げられているのは、20歳以上であることと、収入があることで、正社員だけでなく、パートやアルバイト、年金受給者の方なども対象になっています。

2つ目は最大5万円まで立替えられることです。

決済やATMの出金などを行う際、残高がマイナスでも最大5万円まで不足分をカバーしてくれます。

3つ目は利息が発生しないことです。

一般的なカードローンとは異なるため、基本的に利息は一切かかりませんが、計画的な利用が推奨されています。

4つ目はシンプルな返済方法です。

普通預金に入金すると自動的に返済されるので、いつでも気軽に返済することが可能です。

みんなの銀行の仕様

決済手段デビットカード
清算方法後払い(ポストペイ)、即時払い(リアルタイムペイメント)
審査なし
後払い機能の名称カバー
後払い決済の年齢制限20歳以上
後払い決済の利用上限金額最大5万円
後払い決済の手数料無料(カバーの利用には月額600円のプレミアムサービスへの加入が必要)
後払い利用額の支払い期限なし
公式サイトhttps://www.minna-no-ginko.com/

BANKIT(バンキット)

BANKIT(バンキット)
おすすめの理由
  • 入会費・年会費無料でアプリ型のVisaプリペイドカードが使える
  • 審査不要で満13歳から利用可能
  • 簡単な設定だけでQUICPay(クイックペイ)加盟店、visaのタッチ決済加盟店で使える
  • 後払いサービス「おたすけチャージ」を利用すれば翌日から翌月末までの支払いでOK
  • ATM出金できる「おたすけチャージ+(キャッシング)」も用意されている

BANKIT(バンキット)の特徴

BANKIT(バンキット)のおたすけチャージという決済システムは簡単に言うと、銀行残高が底をついていてもアプリ型Visaプリペイドカードを使って買い物や支払いができるというシステムです。

おたすけチャージは、カード決済後にバンキット残高にお金をチャージして、後から清算ができる手段です。このシステムの一番大きなメリットは、手持ちの現金がなくても、あるいは、銀行口座が底をついていても買い物や支払いができることです。

バンキットカードですが、電話番号とメールアドレスを登録するだけで、アプリ型のVISAプリペイドカードを簡単に発行できます。スマートフォンを使って、いつでもどこでもプリペイドカードを発行できるので、とても便利です。

それに加えてリアルカードまで発行することができます。リアルカードとは実店舗でもインターネット上でも使えるVISAのプリペイドカードのことです。

BANKIT(バンキット)の仕様

決済手段バーチャルカード
清算方法前払い(プリペイド)、後払い(ポストペイ)
審査なし
後払い機能の名称おたすけチャージ
後払い決済の年齢制限18歳以上
後払い決済の利用上限金額利用状況に応じる
後払い決済の手数料利用1回あたり300円
後払い利用額の支払い期限利用月の翌月末日まで
公式サイトhttps://www.bankit.jp/service/

B/43(ビーヨンサン)

B/43(ビーヨンサン)
おすすめの理由
  • 支出管理が簡単にできる
  • 「あとばらいチャージ」で翌月に後払いすることが可能
  • ペア口座と専用のプリペイド式Visaカードを利用すれば二人で使える
  • チャージしたお金をATMで出金することが可能
  • 国際基準のセキュリティを備え不正利用時の補償も充実している

B/43(ビーヨンサン)の特徴

毎日の生活の中でお金の流れを記入して管理をするのが家計簿で、スマートフォンの拡大によってスマートフォンのアプリ内でお金の流れを管理するという人も増えています。

多くの人達から今熱い注目を集めているのが、家計簿プリカのB/43(ビーヨンサン)です。

B/43(ビーヨンサン)はプリペイドカード決済をすることで、家計の管理が出来るアプリです。

必要な金額をチャージして、買い物に使うことも出来ます。

またあとばらいチャージを行なうことで、支払いを翌月に後払いすることも出来るのが多くの人達から高く評価されています。

チャージも買い物もその場で出来た上で、支払いだけは翌月にという使い勝手の良さが大きな特徴です。

操作も簡単であとばらいチャージを選んで、チャージ金額を入力して決定を選択すればその場でチャージ完了となるので初めて使う場合も分かりやすいです。

B/43(ビーヨンサン)のあとばらいチャージは審査不要で使える点も、今すぐ買い物をしたいと考える人には大きなメリットとなります。

あとばらいチャージを利用したいという人はまず、アプリのダウンロードを行いB/43(ビーヨンサン)の利用登録を完了させておくことをおすすめします。

B/43(ビーヨンサン)の仕様

決済手段プリペイドカード
清算方法前払い(プリペイド)、後払い(ポストペイ)
審査なし
後払い機能の名称あとばらいチャージ
後払い決済の年齢制限18歳以上
後払い決済の利用上限金額利用状況に応じる
後払い決済の手数料入金額に応じ500円〜1,800円
後払い利用額の支払い期限利用月の翌月末日まで
公式サイトhttps://b43.jp/
スポンサーリンク

審査なしの後払い決済アプリ

審査が不安でお困りの場合は、審査なしでの利用を考えると思います。

では実際に審査なしの後払いアプリは存在するのかという点ですが、多くの決済アプリは事前チャージの場合は審査なしで利用できます。

ただし、後払い機能を使う際は簡単な審査が行われます。

この審査はクレジットカードの審査の様に信用情報を照会するものではなく、書類の提出も不要です。

クレジットカードやローンの延滞などで金融ブラックの状態になっていても、後払いアプリは使える可能性があります。

後払い決済アプリでの即日現金化

現金が必要な時に、後払いアプリでの現金化を考える場面もあると思いますが、現金化は各社とも規約で禁止しています。

即日現金化業者は存在しますが、現金化を行なった事により後払いアプリが利用停止になるリスクがあるので注意しましょう。

自分に合った後払い決済アプリを選ぼう

後払いアプリは、街のお店での買い物やネットショッピングでの支払いなど、使える店舗が多く様々なシーンで活用することができます。

お金が無いけど買いたい物がある時や、支払いをしたいけど借入はしたくないという方におすすめです。

そんな便利な後払いアプリは、各社で色々な特徴を持っています。

上限金額や手数料の違い、後払い機能で利用した金額の支払方法などにも違いがあります。

様々なメリットがあり便利に使うことが可能ですが、注意点もあるので利用する前に確認しておきましょう。

利用シーンや活用方法を想定し、自分に最適な後払いアプリを選びましょう。

計画的に利用することでメリットを最大限に活かすことができます。

タイトルとURLをコピーしました